ファクタリングで売掛債権を速やかに現金化

売掛金で事業資金を調達する方法

ファクタリングとは?

ファクタリングで10秒カンタン資金繰り改善!売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ
ファクタリングとは、保有する売掛債権をファクタリング会社が買い取る事によって、売掛金を速やかに資金化する「請求金額(売掛金)の先払い」という形の「借りない資金調達」方法です。 売掛金を予定する支払サイトより早く現金化し、運用・活用する事ができる事が大きなメリットです。

安全な事業資金調達方法

昨今の資金調達事情は特に中小企業には厳しい状況です。例えば、銀行融資を受ける際には連帯保証人や不動産担保が必要であったり、大きなリスクが伴います。国も資金調達の改善を課題としていて、その1つの方法が【ファクタリング】という売掛金を活用する資金調達方法です。欧米ではすでに中小企業の資金調達方法として認知度が高まってきていますが日本ではまだ認知度が低いようです。しかし、ファクタリングには大幅なキャッシュフローの改善など様々なメリットがあり、中小企業でも資金に余裕がある大企業においても、それぞれの目的に応じて採用されています。

≫ファクタリングについて更に詳しく!

借入しない迅速な事業資金の調達方法


ファクタリングは「融資」や「借入」とは違います。この方法は「売掛金の売買」となる為、例えば以下のような状況でも利用する事が可能です。

ファクタリングが利用できる状況

・金融機関、ノンバンクで断られた
・担保不動産、保証人がなくても利用できる
・赤字決算、債務超過でも、銀行返済の条件変更中でも利用できる
・銀行融資やビジネスローンを断られた

上記のような状況であれば、今すぐにファクタリングを検討するべきだと思います。 ファクタリングは「売買」ですので、信用取引などの融資に関する審査方法とは全く違います。

≫借入せずに資金調達するなら、まずココ

ファクタリングの種類

ファクタリングには様々な種類があり、保証ファクタリング、買取ファクタリング、国際ファクタリング、一括ファクタリングなどがあります。また、一般的なファクタリングは自社・売掛先企業・ファクタリング会社の3社間の契約となりますが、この場合は、債権譲渡登記することで情報が公開されますが、2社間でのファクタリングに対応しているファクタリング会社もあります。2社間でのファクタリングには、外部に経営状態を知られる心配もなく、登記にかかる費用も抑えられるというメリットもあります。

一般的な3社間ファクタリングのイメージ

2社間でのファクタリングのイメージ

≫2社間契約に対応しているファクタリング会社はコチラ!

ファクタリングのメリット、デメリット

ファクタリングのメリット

1、売掛金を迅速に資金化できる
売掛企業からその支払いが実際に行われるまでには一般的にタイムラグが発生します。そのタイムラグの日程は1ヶ月の場合も3ヶ月の場合もあるでしょう。タイムラグが大きくなればなるほど、その間にキャッシングフローが行き詰ってしまう危険性がありえます。そのような危険性を回避する為に迅速な資金調達ができます。

2、ファクタリングは借入にはならない
金融機関から融資を受ける場合には、借入金となります。ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、それを資金化しても借り入れとしない事が可能です。また、通常の銀行借入のように担保を請求されることもありません。

3、売掛債権先の信用に関するリスク回避
ファクタリングを利用する事によって、売掛債権先の信用リスクを譲渡先に転化できるという事が挙げられます。万が一売掛先の企業が集金される前に倒産してしいまっても、売掛金の回収にともなうリスクは発生しません。

4、債権管理に関連する時間と労力の軽減
売上債権を譲渡することによって、債権管理や回収に伴う労力の軽減、売掛債券を迅速に回収できます。ファクタリングを行う事で売掛金の回収期間を待つことなく、次なる投資対象へ投入できます。

ファクタリングのデメリット

1、手数料が必要
ファクタリングを利用する場合は、売掛債権を譲渡する際に手数料が必要となります。

2、顧客への承諾が必要
ファクタリング契約を行う場合、一般的には納入企業、取引先企業、ファクタリング会社の3社間取引となる為、取引先企業の承諾を得る必要があります。

≫メリット・デメリットの詳細はコチラ

国が資金調達における課題として発表

国が資金調達における課題として発表

売掛金を活用した資金調達方法は、中小企業における資金調達の課題だと参議院が発表しています。 参議院経済産業委員会が売掛債権担保の活用に係る課題として、「売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要」と発表しています。


参考ページ: 経済のプリズム第38号(平成19年3月) 中小企業における資金調達の課題(参議院のWEBサイトより)

≫今すぐファクタリングを検討してみる!