資金調達術 資金ファクタリングの利用を!

まとまった事業資金を調達する方法は

【資金調達術 資金ファクタリング】の秘訣とは

知らないと損!ファクタリング会社という存在

ファクタリングで10秒カンタン資金繰り改善!売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ
「今スグまとまったお金を調達しないといけない!」というピンチは誰の人生にも訪れるものです。事業資金が早急に必要、顧客の倒産で運転資金が乏しくなり手元に厳禁が欲しい……など、いつどんな状況に陥るか、このような時代なので誰にもわかりません。追加の借入を断られたり、審査に1ヶ月かかると言われたり「金融機関に頼れない!」となったら、途方に暮れてしまいますよね。

そんな時に思い出して欲しいのがファクタリング会社です。売掛金があるならば、誰でも利用することができるのはご存知でしたか?ファクタリングとは、債権にあたる売掛金を買い取ってもらうことです。ファクタリング会社が売掛金の債権を買い取り、手数料を差し引いた分を現金化してくれるという資金調達方法になります。売掛金の先払いと言っても良いでしょう。後日、顧客からの売掛金の支払いがあった時に、ファクタリング会社に先払い分を支払い完済となります。

経済産業省が認めた資金調達術

借入とは違うファクタリング


このファクタリングは経済産業省も認める新しい資金調達術です。一般的に中小企業は大企業と比較して自己資本率が低く、金融機関からの借入に頼らざるを得ません。金融機関に貸出を拒否されてしまうと、たちまち資金繰りに困ることが問題視されています。そのため、経済産業省でも金融機関に頼らずに債権となる売掛金を利用して資金を調達するファクタリングを推奨しているのです。

借入ではなく債権の売買取引になるので、信用機関の情報を参照されたり記載されることもありません。経営状態が悪化していて融資を止められている企業でも「キャッシュフローさえあれば経営を改善できるのに!」と、歯痒い思いをしているところは少なくありません。そんな時こそ役に立つのがファクタリングです。決算書や財務諸表に記載する必要もないファクタリングなので、安定して売掛金取引ができそうな場合には続けて利用することもできます。そのようにして運転資金を回せば、財務状況を向上させるのも夢ではないのです。

ファクタリング会社の中には、申し込みをした企業が、資金繰りや金融機関からの借入で困難な状態に陥らないように、専門家を紹介するサービスや、売掛金債権の売買以外の事業資金の調達方法をまとめて、サイトに記載している場合もあります。従来の融資や投資家からの借入や助成金や補助金についても紹介されていることもありますので、自分に合った方法を探すことも可能です。

ファクタリングを利用するには?

以上のように、もし売掛金があるならばファクタリングで資金調達を行うことは様々なメリットがあります。そうとは言っても「そもそもファクタリングはどこで頼めばいいのか?」というところからのスタートという人も多いことでしょう。

ファクタリングはファクタリング会社を通しての利用になります。ファクタリング会社と一口に言ってもいろいろなところがあり、なかには日本でまだ認知度が高くないことを利用して悪徳商法まがいのことをしている会社もあるので注意してください。必ず信用できるファクタリング会社を選択するようにしましょう。

信頼できるファクタリング会社を見つけるには、まず「資金調達プロ」にアクセスしてみましょう。日本最多規模の1,000社以上のファクタリング会社と提携しているポータルサイト「資金調達プロ」を利用すれば、最適の資金調達方法を見つけるのも難しくありません。

「資金調達プロ」ではファクタリングだけではなく、財務コンサルティングを行いその他の資金調達方法に関するアドバイスなども行っています。多方面での資金調達・経営サポートを行っているのです。さらに「資金調達プロ」では日本全国どの地域にも対応しています。「資金調達におけるNo.1プラットフォームを作り、日本経済の発展に貢献する」ことを目標としている「資金調達プロ」ならば、まかせて安心と言えるでしょう。「金融機関に頼れない!」という事態に陥っている企業でも「資金調達プロ」は見捨てません。業績の伸び悩みを感じている場合にも気軽に相談してみてはいかがでしょうか。