売掛金買取のためには取引先企業との契約が必要

ビジネクストのファクタリングなら返済不要で資金調達ができます

ビジネクストのファクタリングなら返済不要で資金調達が可能

資金調達の方法

ファクタリングで10秒カンタン資金繰り改善!売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ
企業が事業活動をするには十分な資金を調達しなければなりません。法人を設立する際に、出資者を募ったり、創始者が自ら出資することである程度の資金が確保されますが、事業を拡大する上では、更なる資金が必要になるというケースも少なくありません。そういった場合の資金調達の方法として、銀行から融資を受けるというやり方が広く普及しています。銀行では比較的慎重に審査を行っているため、貸借対照表やキャッシュフロー計算書をしっかりと閲覧した上で、融資の可否や金額を決定します。銀行から十分な融資を受けることが難しいというケースにおいては商工ローンなどを利用するという方法もありますが、金利が高いという特徴があります。そのため、返済の負担が重くなるという理由から、他の方法による資金調達を検討する経営者が多いです。

ビジネクストへの返済は不要!

取引先企業との契約が必要

そして、返済をしなくて済む資金調達の方法としてファクタリングが注目を浴びています。これは主にビジネクストが提供しているサービスで企業が持っている売掛金を買い取るという形で資金の提供を行います。貸付をするわけではないため、ファクタリングで資金調達をした場合には、ビジネクストへの返済は不要というわけです。そのため、返済計画を立てる必要もありません。

このファクタリングを利用するには、ビジネクストと契約を締結することに加えて、取引先企業との契約も交わす必要があります。売掛金を買い取ってもらうということは、取引先企業から見れば債権者が変わることを意味します。このことは企業経営者にとってかなり重要な意義を持つためです。取引先企業への説明も十分に行っておきましょう。また、売掛金買取は民法上の債権譲渡に当たります。債権譲渡が有効に成立する要件として、債務者への通知か承諾が必要になるということも関係しています。

ファクタリングを利用すれば、売掛金が現金に変わるため、キャッシュフローが大幅に改善されるという例も少なくありません。金額は手数料分だけ目減りしてしまいますが、資産を売掛金として保有しているよりも、現金として保有している方が経営状況を判断する上で高く評価されます。そして、ファクタリングを実行した後は、ビジネクストが取引先企業から売掛金を回収することになります。もし貸し倒れになってしまっても、そのリスクはビジネクスト側で負うようになっているため、ファクタリングを利用した企業が返済義務を負うことがないというのも大きなメリットです。