ファクタリングや資金調達のおすすめ記事一覧

ファクタリングを知ろう

ファクタリングとは、企業が手元に持っている売掛債権をファクタリング会社が買取を行い、企業に資金を提供するという資金調達方法です。
企業は通常、売掛金を取引会社間でやり取りをし、回収をします。
しかし、月末にならないと売掛金が入らないということがあり、売掛金の支払いを待っている企業は資金繰りに行き詰ってしまうケースもあります。
そこで、活用できるのがこの仕組みです。
専門に行っている会社が、企業から売掛金の買取を行い、先に売掛金を支払います。
こうすることによって、企業は資金繰りを行うことができ、資金調達が出来るという仕組みです。
後日、売掛金を支払う会社は、売掛債権を持っている会社に支払いを行い、取引終了となります。
例えば、A社とB社の間で取引があったとします。
B社がA社に支払う売掛金は、今月末に支払う予定ですが、A社は前日に資金が必要になり、売掛金の支払いを待つのは難しい状態です。
そこにC社が、A社の売掛金を買取り、資金を提供します。
C社は、資金を回収するため、B社から売掛金を回収します。
これが、簡単な仕組みです。
要するに、企業が保有している売掛金を先に額面通りの金額で買取り、資金を提供するということが、ファクタリングなのです。