なるべく早く確実に売掛債権を回収しましょう

売掛債権を早く回収すれば資金の回転期間が短くなる

売掛債権を早く回収すれば資金の回転期間が短くなる

事業運営における資金の流れ

ファクタリングで10秒カンタン資金繰り改善!売掛金買取・売却・事業資金の資金調達プロ
事業を営んでいる場合には、そのための資金を調達しなければなりません。元手となる資金に関しては、開業前にある程度貯めておくという方法を採るのが一般的なやり方です。また、担保を用意することができれば、銀行から開業資金を借りることも可能です。そして、ある程度事業が軌道に乗って来ると、利益を出せるようになってきます。そして、利益が安定してくれば、銀行から融資を受けやすくなります。銀行から融資を受けることで、事業を円滑に進めるために、そういった手法を採るのです。

売掛債権の回収がポイント

資金の回転期間に与える影響が大きい

そして、お金を借りる側の立場ではなく、売掛債権という形で回収する側になるケースも多いです。通常であれば、一定の期間に発生した売掛債権をまとめて回収するというやり方をすることが多い傾向にあります。その都度回収すると手間がかかるためです。お金を支払う顧客の側にとってもそのようなやり方を採った方が、手間が省けて都合が良いでしょう。そして、回収する前の売掛債権は、貸借対照表の上では売掛金という形で残高を把握するようになっています。売上を計上するとともに、売掛金も計上するためです。そのための仕訳も切ります。そして、無事に回収できたときには、売掛金が消えて現金が加算されるという内容の仕訳を切るという会計処理をします。売掛金の他に受取手形という勘定を用いるケースもあります。これは、顧客が約束手形を振り出した場合です。法律上の名称は約束手形でも会計や経理の世界では受取手形という勘定科目を使用します。逆に顧客の側では支払手形という勘定科目で会計処理をしています。約束手形はあらかじめ定められている期日が到来してから、銀行の窓口などに持って行くと現金に替えてもらうことができるのです。また期日到来前であっても、銀行に割引料を支払うことで現金に替えられます。

このようにして、事業を営む上で発生した売掛債権を顧客から回収していますが、早く回収できればそれだけ資金の回転期間が短くなります。そうすると、銀行からあまり多額の融資を受けなくても、円滑にビジネスを進めることが可能になります。また、売掛債権の支払期日が到来しても、任意に支払ってくれない顧客も中にはいます。そういった顧客を抱えている場合には、なるべく早く確実に回収するようにしなければなりません。そうしなければ、資金の回転期間に大きな影響が出て来るためです。